スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去と現在

過去を題材にしたフィクションに対して、現代との類似点を強調する。
そういう文章の展開がある。

たとえば、時代劇の感想として、
「現代に通じる」と言ってしまうような。

たぶん、そう書くほうが楽なんだろうが、

現代人が現代からの目線で作っているのだから、
そんなものは当たり前だ。

結局ほとんどが、過去の名を借りたファンタジーなんだ。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright ©    ウサギは淋しくても死にません。 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。