スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台写真

ようやく、「何処かのオムニバスのための四重奏」の

コチラに舞台写真をUPしました。

もちろん、HPのGalleryからも行けます。
スポンサーサイト

区切る。

つらつらと書いて参りました、
「ポスト・パフォーマンス・ライティングのようなもの」も
これで締めさせていただきます。

読んで頂いて、ありがとうござました。

多々、力不足の面があったとしても、
なんらかの形で、お客様方の心の琴線に触れたのであれば、
これに勝る喜びはございません。


今回は、
類型的なシーンをコラージュした「抽象作品」だったので、
ウェブサイトを含め、多くの解説を用意しました。

入り口が分かりやすかった分、
そこからの抽象部分が、届きづらかった感は否めません。
反省点は反省点として受け止め、精進していく所存です。


末筆になりますが、
ともに舞台をつくり上げたキャスト・スタッフの皆様にも
心より御礼申し上げます。


すべての関わって頂いた方々へ
有難うございました

感情移入と嘘

感情移入と嘘
~ポスト・パフォーマンス・ライティングのようなもの(3)


おそらく、ご覧になった方の大半は、
どの世界にも、感情移入できなかったのではないかと思います。

余程気になった世界があった方を除けば、
構成上、ひとつに気持ちを入れても、
すぐ違うほうに視点が行ってしまいますし、当然です。



感情移入には、お客様の感覚を麻痺させ、
お芝居のうそ臭さを薄め、「本物」のように錯覚させる効果があります。
それがないことに、違和感を感じるお客様もいらっしゃったでしょう。

私は、思います。

現実で起こっている出来事も、
感情移入できなければ、「嘘」なのだろう、と。

興味の持てないこと以外、全部、うそなのではないか。
あくまで、嘘=リアルに感じられない、という意味においてですが。

自分の生活に追われているなかで、
遠くの事件なんて、「嘘」でしかありません。



たかが、4つの世界ですら、そうなのだとしたら、
現実の割り切れない数の世界たちは、
存在しないも同然です。そもそも殆どが見えませんし。


だから、私たちは「ふつう」に生きていけます。
見もしない災難に感情移入してリアルに感じていたら、
神経が持ちません。


でも、私は、たまには立ち止まって、想像してみたいのです。
だから、この作品を作りました。

ジャンルも同時多発。

ジャンルも同時多発。
~ポスト・パフォーマンス・ライティングのようなもの(2)


今回、会話が同時多発だったことは、前提であって、
それほど重要ではありません。

私が最も興味があったことは、「ジャンルを重ねた影響」でした。
シリアスとコメディを交互にではなく、
同時に観ざるをえない影響です。

おそらく、お客様は戸惑われたことと思います。
私は興味津々でした。

「緊張感とリラックスが引っ張り合う舞台の上を見て、
 人はどうそれを見るのか?」


笑いが多かった回もありました。
しーんとしている回もありました。
?マークが見えそうな回もありました。


人によって捉え方が違う、という当たり前のこととは別に、
もう一つ、感じたことがあります。

- 場の空気がジャンルを決めてしまう -

周りに笑う人が多いと、人は安心して笑いはじめ、
シビアな世界が混ざっていても、
場のジャンルがコメディとして形成されてしまう。

その逆もしかり。

(それをコントロールするのが、
 演出の仕事だとお考えの方もいるでしょう。
 であるなら、私ではなく、お客様が演出だったことになります)



なるべく身近なことでいうなら、イジメの現場を見ている人が、
一緒に笑うのか、怒るのか、あきれるのか、無関心か…
ニュースで見る遠い世界も、その延長線上にあるのでしょう。

私は、周りに影響を受けずに、
自分ひとりでリアクションを決められる人間であるだろうか?


私は影響を受けそうです。

ご覧になった皆さんはいかがでしたか?

御礼の言葉に代えまして

御礼の言葉に代えまして
~ポスト・パフォーマンス・ライティングのようなもの


御来場いただき、誠にありがとうございました。

4つの世界の住人の右往左往を、
5つ目の世界の住人であるお客様は、どのようにご覧になったでしょうか?


私は公演中、6つ目の世界の住人として、
いわば「お芝居を見る人役」であるお客様方を加えた「五重奏」を
後方から観ておりました。

本番が始まってしまえば、演出は何もできません。
ただ、観てるだけです。
何処であろうと、遠くのことには何もできません。

仕方ないことです。

インドでテロがあっても私が公演を行ったように、
タイでデモがあってもお客様が芝居をご鑑賞されたように、
それぞれの世界は、まったく関係のないものです。

仕方ない
と言い切るには、心の奥に違和感が残ることです。

どうすればいいか……私にはわかりません。
どうもしないでしょう。
ただ、たまにニュースを見てるだけです。


関係ない世界だからこそ
重ねてみることに意味があるのではないかと思い、
この作品をつくりました。

比べるものがなければ、物事はぼんやりとしか見えない-

そう思いながら、私は日常生活に戻ります。
皆さんの心にも、ほんの少しの違和感が残ることを祈りつつ…

御来場、誠にありがとうございました。

御来場ありがとうございました。

「何処かのオムニバスのための四重奏」
全日程終了致しました。

御来場、誠にありがとうございました。

ご意見・ご感想はメールでも受け付けております。
nittoitto_info@yahoo.co.jp

ひと言でも頂ければ幸いです。

私的:オススメの見方(終)

【あなたが芝居を見ているその時に】

お芝居が上演されている瞬間にも、

実際に地球上では天国も地獄もあって、

そして、その瞬間

あなたは、観客として芝居を見ている人なのだ、と


ふと、

本当にふとでいいんですが、

思っていただけたら幸いです。


どんなニュースの出来事も、同じ星の上で起こっているのですから。

いつだって世界は、同時多発。



長々と書きました、オススメの見方。

最後までありがとうございました。

劇場でお待ちしております。m( )m

そわそわ

本番間近で、なんだかそわそわしております。

だんだん作品が巣立ち始めてるからだと思います。

舞台は、最終的には演出の手の届かないところで
演じられるのだから、
そわそわしたって、仕方ないんですが…。

立派に巣立てるのか、そわそわ、そわそわ。

あっ

っという間に、

今週末、いよいよ上演です。

準備に追われていると、時が過ぎるのが速い…。

まだ空席ございます、よろしければ是非。

私的:オススメの見方(3)

【ジャンルを気にしない】

「何処かのオムニバスのための四重奏」は、
明らかにアクション物ではないですし、
歌も踊りもなく、
台詞劇であることは間違ありません。

ただ、そこから一歩踏み込んでジャンル分けするとなると、
とても難しいです。


あっちの世界で笑ってても、こっちの世界で泣いていて
それが同時に舞台上にあるのですから、
お客様もあっちを見てる人は微笑んでるかもしれないし、
こっちを見てる人はムカついてるかもしれません。

ひとつのストーリーを見ていても、感想は様々なのですから、
4つも見ていたら、三者三様、十人十色。


ですから、どうか『好きに反応してください』

皆さんは、
感動もの!と聞けば、泣く心構えで、
コメディと聞けば、笑う心構えで座席につくことが多いのではないでしょうか?

そういう準備は、不要です。
客席が一体化するなんて、ここではどうでもいいことです。

隣のひとは笑っていて、その隣のひとは難しい顔をしている…。
あなたは?
あなたは、どんな顔をするのでしょうか?

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright ©    ウサギは淋しくても死にません。 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。