スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラバラ。

言い方。
言う言葉。
言う気持ち。
言うカラダ。
スポンサーサイト

楽。

演技を模索している時、
自分が

 楽しい方向に行こうとしている

のと

 楽な方向に行こうとしている

のを、混同しない必要がある。

基準

良い演技の基準は、演出家によって変わる。

最大公約数的な良い基準はあるだろうが、

その幅はどれぐらいなんだろう。

想像より狭い気がする。

「個」

本当の意味では、ひとが他者になれるわけはない。

それが限定された空間・時間の中とはいえ舞台上で成立するのは、

外から見た「個人」というものが、

ひどく曖昧で、断片的なものだから。

演劇のなかで、たぶん私が一番興味のあること

ひとが、他人(というか、自分じゃないもの)に

なりたがる・なろうとするって、何なのだろう?

という事。

つまり、

演じるって何だ??

という事。

転んだこと自体は、面白くもないし悲しくもない。

芝居のジャンルの違いを意識していない役者が

意外と多いと思う。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright ©    ウサギは淋しくても死にません。 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。