スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演れたら演る。ということで、

秋葉原の小さな劇場のイベントで、30分の短編芝居をやることになりました。

上演回数は3回しかなく、時間も短く、このような公演にはなかなか足を運びにくいと思いますが、
ニットイットが長い芝居をやる機会はそうそうないので、ご案内させてくださいませ。

〈演劇カタログ幻想絵画 Vol.18〉
◆開演時間 ※30分前開場
7月19日(土) 18:30 (土曜昼はございません)
7月20日(日) 14:00/17:30
◆会場:秋葉原アトリエACT&B http://www.im-e.com/access.html
◆予約 2,000円/当日 2,500円
◆出演:演劇ユニット s45/松木光/ニットイット/他(注:上演順は未定)

ニットイット『S席3500万』
↑タイトルです。別料金はかかりません。
キャスト:生駒祐佳子/二色薫子/渡部孝幸/ 京野浩敏
粗筋:ひたむきに稽古に励む新米女優。鬼演出家と癖のある先輩役者に揉まれながら、いよいよ本番を迎える、が…!
※ジャンルは多分、笑劇じゃない喜劇です。

<ご説明とお願い>
複数団体が30分ずつ演目を披露し、客席の入れ替えはございません。
別団体が上演中の入退場は気持ちの良いものではありませんし、
せっかく馴染みのない団体を観るチャンスですから、基本的に最初から最後までご覧頂きたく存じます。
お席に限りがございますので、ご来場頂ける場合は是非ご予約くださいませ。
スポンサーサイト

皿とテーブル

テーブル、皿があって、
料理を盛って、食べてもらうわけですね。

テーブルや皿を用意するのは、
調理とは、また別の行為です。
給仕さんもそうですし。


あ、公演の比喩ですよ。
料理がお芝居そのものです。


この間のは、
いろいろ手が回らないので、テーブルも皿もやめて、
店頭販売、紙で包んだ料理をベンチでどうぞ、
という形式だったわけですが、

それですら色々用意が必要で、整わないと公演はできない。
ただ、それは正直楽しいわけでもないのです。
つくづく私は調理が本分なのだなぁ、
と思いました。

腕はともかく。

こじんまりと。

7月末、というか、8月頭、というか、
土日3ステージだけ公演をすることになりました。
こじんまりとした、身の丈サイズで。

短編集公演です。

ようするにオムニバスです。

ただ、オムニバスと書くと前回公演の感じをイメージされそうなので、
短編集と名乗ることにしました。
一本一本、順々にやるだけです。

…そんな説明、ふつうは要らないだろうに(笑)

反射

あいかわらず、
ちょこちょこ、ワークショップを。

テーマは、「反射」です。

うさぎは道でひと眠り。

いろいろと模索していたのですが、
時間など諸般の事情で、
今年は公演を行わないことになりました。

これだけ期間があくと、
ふつうなら休止状態ですね。

故事(?)にならって
カメにも抜かれる感じで参りたいと思います。

アメリカの格言だそうで。

If you have to go fast, go alone.
速く行くなら、一人で。

If you have to go farther, go together.
遠くに行くなら、一緒に。

緊張と弛緩。

緊張と弛緩。

興味がなくても、それだけあれば、まあ。

可能性

知っているからといって、

できるわけではない。

ホンキ

自分の本気なんて

大したことないのだから、

早めに出しておいたほうがいい。

痛い所

原稿の痛い所を突かれた。

そこがツボなら、きっと全体を良くできる。

いくら鋭くても、ただの痛点なら、
かえって弱められてしまう。

今回は前者。
多謝。

Powered by FC2 Blog

Copyright ©    ウサギは淋しくても死にません。 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。