スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想、あるいはポスト・パフォーマンス・ライティング

2度目の幻想絵画、無事閉幕いたしました。
結構前だけど。
ご来場の皆様、共演の皆様、主催・運営の方々、誠にありがとうございました!

若いピュアな朗読劇に挟まれた、倦怠期の夫婦劇という・・・
まさに幻想絵画(笑)


ニットイットは30分短編芝居の『椅子』でした。
『イスの冒険』をご存じの方は、へんな感じがしたかもしれません。

椅子が冒険しちゃった経緯については、
↓に詳しいです。
http://nittoitto.blog119.fc2.com/blog-date-201110.html

『イスの冒険』が、
理由や出来事によって、外へ外へと転がっていく話だとすると、
『椅子』は、
理由や出来事が曖昧なまま、内へ内へと巻き込まれていく話です。

もともと理由とかはスッ飛ばして、
二人が向かい合う話を書きたかったので、
今回加筆するときも、説明は足さず、むしろ曖昧さを増やしました。
夫婦という曖昧なものを描くのには、
そのほうがしっくりきたからです。

その分、出演のお二人には負担かけましたが、
舞台上にホームを築いてもらえて、本当に感謝しています。
ありがとう!

短編・長編、どちらかが本物という事はなく、
『イスの冒険』は若夫婦にふさわしく、
『椅子』は成熟した夫婦にふさわしい形になったと気に入っています。
一つ計算違いだったのは、
最終的にだいぶカカァ天下っぽくなったことです。
あれ?平等な夫婦像を描こうとしたのに…まあ、円満ならそれもいいか。


運がよければ、また劇場で皆さまにお会いできたらうれしいです。
その時は、なるべく他に無いものをご用意しておきます。

ニットイット赤松泰



スポンサーサイト

短編、あるいは、冒険しない『椅子』

家に帰ると、妻が椅子をあやしていた…

ニットイットが、再び
秋葉原の小劇場イベントで30分の短編芝居をやることになりました。

かつて長編としてニットイットで上演した『イスの冒険』の基になった幻の短編、
本邦初公開です!
……そりゃまあ、そうか。

〈演劇カタログ幻想絵画 Vol.22〉
◆開演時間 ※30分前開場
11月15日(土)18:00 (土曜昼はございません)
11月16日(日)14:00/18:00
◆会場:秋葉原アトリエACT&B http://www.im-e.com/access.html
◆予約 2,000円/当日 2,500円
◆出 演:
ニットイット/Fish and punch☆(青原未来・川嵜太貴)(15日のみ)/鏡良(アキラ)(15日のみ)/藤本夏姫、大川香織/他

ニットイット『椅子』
作・演出:赤松泰
出演:かとうみほ(TOY SPACE.)なかぢまひろあき(ふらっと)
演出補:生駒祐佳子

<作品説明>
「家に帰ると、妻が椅子をあやしていた…」という導入部分から始まる2人芝居です。
不条理喜劇で、夫婦をめぐる小品です。

<イベント概要とお願い>
最大4団体が30分ずつ演目を披露し、客席の入れ替えはございません。
直前まで団体数・演目内容が分からない(かも)、開けてビックリ!な企画です。
別団体が上演中の入退場は気持ちの良いものではありませんし、せっかく馴染みのない団体を観るチャンスですから、基本的に最初から最後までご覧頂きたく存じます。
お席に限りがございますので、ご来場頂ける場合は是非ご予約くださいませ。

ポスト・パフォーマンス・ライティング

S席3500万、は、ああいう話だったわけですが、

特にコメディとして面白いことが重要な演目ではありませんでした。
私にとっては。
負け惜しみでもなく。

 * * *

最初から最後まで、事実として、
彼らはいたって真面目です。
シリアスです。

ただ、見る人たちの目が、
変わっただけです。

私のかけさせた偏光レンズを取り去った瞬間、
シリアス→コメディに事実が見えてしまうだけです。

現実もそうであると私は思います。
誰かにとって切実なことは、誰かにとってくだらないことです。

もちろん、アレは犯罪ですし、デフォルメしておりますが、
言いたいことは同じです。

きっと、演劇もそうなのでしょう。
実際、稽古場で稽古しながら、
通りかがった人に通報されたらどうしよう、とか思ってましたし。

 * * *

今回難しいなと思ったのは、
ただでさえ、複数団体でジャンルが変わってしまうのに、
劇中でもジャンルが変わったことで、
複雑怪奇さが増すことでした。。。

まあ、醍醐味ということで。

ともあれ、面白くなかったら、やっぱり悔しい(笑)
どっちやねん。

ニットイット

終演。

幻想絵画18、無事幕が降り。

まずは感謝を、
主催funfan!さん、共演の松木光さん、S45さん、
そして出演してくれた役者たち、ご来場のお客様に。
本当にありがとうございました!

また、ACT&Bさん、スタッフ方々にも深く感謝を!お世話になりました。

ひさびさのニットイットは、やっぱり楽しかったです。
お客様もそうでありましたら、
喜びこれに勝るものはございません。

ありがとうございました。

演れたら演る。ということで、

秋葉原の小さな劇場のイベントで、30分の短編芝居をやることになりました。

上演回数は3回しかなく、時間も短く、このような公演にはなかなか足を運びにくいと思いますが、
ニットイットが長い芝居をやる機会はそうそうないので、ご案内させてくださいませ。

〈演劇カタログ幻想絵画 Vol.18〉
◆開演時間 ※30分前開場
7月19日(土) 18:30 (土曜昼はございません)
7月20日(日) 14:00/17:30
◆会場:秋葉原アトリエACT&B http://www.im-e.com/access.html
◆予約 2,000円/当日 2,500円
◆出演:演劇ユニット s45/松木光/ニットイット/他(注:上演順は未定)

ニットイット『S席3500万』
↑タイトルです。別料金はかかりません。
キャスト:生駒祐佳子/二色薫子/渡部孝幸/ 京野浩敏
粗筋:ひたむきに稽古に励む新米女優。鬼演出家と癖のある先輩役者に揉まれながら、いよいよ本番を迎える、が…!
※ジャンルは多分、笑劇じゃない喜劇です。

<ご説明とお願い>
複数団体が30分ずつ演目を披露し、客席の入れ替えはございません。
別団体が上演中の入退場は気持ちの良いものではありませんし、
せっかく馴染みのない団体を観るチャンスですから、基本的に最初から最後までご覧頂きたく存じます。
お席に限りがございますので、ご来場頂ける場合は是非ご予約くださいませ。

成長と卒業

えにし第三回公演 湯~&I 終演。

をもちまして、

ひとまず、えにしさんの外部作・演出を卒業しました!


えにしさんは、更なる飛躍がありそうなので、
エールを送ります!



ニットイットは、まあ、相変わらずです。

やれたら、やる。
やれなきゃ、やらない。

2年ぐらいをまとめると、

えにし「サヨナラのかわりに」

「チチキトク」
の作・演出(原案あり)をやった。

2→4→9

タイトルの数字は登場人物の数です。


イスの冒険は、もともと短編の2人芝居でした。
ご覧頂いた方なら、
「ああ、あの二人の二人芝居だな」と想像がつくのではないかと思います。

実は、この二人芝居は前回公演「ブランク」でやる予定でした。
そのときには台本も完成していたのですが、
構成上の問題で上演はできませんでした。


その後、もう少し長くなって、
4人芝居になりました。

ここまでの題名は「椅子」で、まだ冒険してなかったのです。
というと、「ああ、あの4人の芝居かな」と想像つく方もいるかもしれません。


この4人芝居は、先日の公演がまだ短編集を予定していた頃、
上演するつもりでした。
しかし、諸般の事情で、実現しませんでした。



それで、一本の芝居になったわけですが、
一人出演予定だったキャストが、肩の怪我をしてしまいました。

それでも何とか出演できないだろうかと思い、
肩の不調という設定を台本の中に入れてしまいました。

と聞くと、「ああ、あの設定か」と思い当たるでしょう。

肩が痛い理由が、ああなって、
だから、夫の出生が、ああなった・・・という順番で、
9人芝居となりました。
(残念ながらそのキャストは出演できませんでした・・)


と、説明すると、わりと驚かれます。
たぶん、一番重要そうな『設定』が、最初は影も形もなかったからでしょう。
(アレは私にとっては、話の骨格ではないのです。)


でも、2人芝居バージョン「椅子」も地味ながら、
非常に気に入っています。
まあ、「イスの冒険」を見た方が見たら、
なんか変な感じがしてしまうでしょうけどね。

「イスの冒険」終了

ブログでは告知もしていないので、
始まってもいないのに終わってしまった感がありますが、

「イスの冒険」が終了しました。



今回は台本にも演出にも持てる技術を出し切ったと思います。

まあ、今思えばいろいろ他にも方法はあったでしょうが、
その時点では限界まで出し切ったと言い切れます。

あんな無茶な話が、おおむね好評だったようで、
ホッとしたようなビックリしたような複雑な心持ちです。



評価は自分がすることではないので、
見た方それぞれが感想を好きに持ってくれればいいのですが、

自分としては個人的に、この作品を気に入っています。
今までで一番オリジナリティを感じられたからです。



今回公演に望むに当たり、心に刻んでいた言葉が、

「いいものを作ろうとするとブレるんです、何がいいかわからなくなって。
でも、好きなことをやろうとすると何が好きか自分ではっきり分かるから、ブレないんです」
甲本ヒロト

でした。

独善と紙一重ですが、
無茶な話が成り立つかどうか不安な気持ちをねじ伏せ前に進めたのは、
この羅針盤があったからでしょう。

新しいことをやってやろう、という気負いもなく、
反面、自分なりのチャレンジも多かったのですが、
主軸がはっきりしていたから、バランスよく料理できたかなと思います。

何が言いたいかというと、

私が好きな作品ができました。

ご覧頂いた皆様にも喜んでいただけたなら、尚のコトうれしいです。

感謝と哀悼

ニットイットで音響を担当してくださっていた
嶋田匡洸さんが急逝されました。

そのお力が無ければ、
ニットイットが細々と続けてこられることもなかったでしょう。

私の行く末を慮っての言葉を思い出します。

謹んでお悔やみ申しあげます。

ショートショート

頼まれた10分ちょっとの舞台用台本を書く。

発表会で使うらしいので、
シュールすぎるのは、どうかと思いw
ちょっといい話風にまとめる。

起承転結。一人がイン・アウトで変化。
部外者の設定。+1自己紹介を繰り返す。
…と、極めてベーシックな手法。
もっと奇をてらっても良かったかなぁ。
自分がやらないし(笑)

他の演目から浮かなきゃいいけど。
いつ演るのかも知らないが、見れるだろうか。

皿とテーブル

テーブル、皿があって、
料理を盛って、食べてもらうわけですね。

テーブルや皿を用意するのは、
調理とは、また別の行為です。
給仕さんもそうですし。


あ、公演の比喩ですよ。
料理がお芝居そのものです。


この間のは、
いろいろ手が回らないので、テーブルも皿もやめて、
店頭販売、紙で包んだ料理をベンチでどうぞ、
という形式だったわけですが、

それですら色々用意が必要で、整わないと公演はできない。
ただ、それは正直楽しいわけでもないのです。
つくづく私は調理が本分なのだなぁ、
と思いました。

腕はともかく。

有難うございました。

感謝に代えての戯言は、HPに譲るとして…。


今回苦労したのは、
やはりお客様が2方向から見ることでした。

初めてなので、そのあたりに時間と神経を費やしたような気がします。

いろいろと余裕が足りなかったというのが、
運営サイドの反省です。

まあ、今までも余裕があったなんてことはないのですが。



とにかく、ご来場頂いたお客様と、
尽力して頂いたキャスト・スタッフには、感謝しかございません。
本当に有難うございました。

(そして今、ケータイにて
 一枚も劇場で写真を撮らなかったことに気付く…)

空き状況 と お願い

明日・あさっての公演の、空き状況です。

【空き状況】
7/31(土)PM7時 △(若干の空席)
8/1(日)PM1時 ×(完売御礼・販売停止)
8/1(日)PM5時 ○(客席がブランク)

となっております。
日曜のお昼は完全に受付を停止させて頂いております。


【ご予約と早めの御来場のお願い】

他の回につきましても、
ご覧いただける方は、極力ご予約して頂けるよう、
何卒お願い致します。

駅からの遠い道のりを
汗だくになって来ていただいたとしても、
お席がなければ、そのままお帰り頂くしかございません。
(当日券が発売されない場合もございます)

また、ご予約のお客様が遅れて御来場頂いた場合も、
キャンセルかどうか確認する方法がありませんので、
当日券のお客様をお先にお通しすることになります。
お席が足りなくなれば、お帰りいただくしかございません。


予約について融通が利くのは小劇場の良いところではありますが、
無いお席を増やすことだけは、不可能ですので、
快適な観劇なためにも、
どうぞ、ご予約と早めの来場をお願い致します。

粗筋を間違える。

『引き籠もごも』
 地下室に集められた4人。
 別室の監視役がこう言います。
 「これは実験だ」
 1人だけ脱出できるゲームが始まりますが……。

の最後の行。

 1人だけ一生監禁されるというゲームが始まりますが……。

でした。
真逆。

しかし、チラシにも書いてあるのだが、
誰ひとり昨日まで気づかず…(笑)

まあ、そんなもんです。
お詫びして訂正して、お詫びします。

空き状況

いつ受付開始したのかも定かではありませんが…



日曜日昼、つまり8/1 PM1:00の回は、

ニットイットでの予約受付を停止いたしました。

多数のご予約、有難うございます。



残りの回は、まだお席ございますので、

ご予約お待ちしております。



健康に良い稽古をする。

本格的な稽古はひさびさな土日。
いまだかつて、演出中にこんなに動き続けたことはないです。

それというのも、
客席が2面だからなんですが。


あっちから見たり、こっちから見たりで、
ずっと歩き回ってました…。

まあ、健康的でいいよね。
そんな演出家の健康に良いお芝居はこちら↓

ステージ数少ないですが、
ご都合がつく方は、ぜひぜひ宜しくお願い致します。


というか、早くHPを更新しろよ、という話ですね。ハイ。

*************************

ニットイット 第5回公演『ブランク 短編集』

2010/7/31(土)~8/1(日)

【開演時間】
 7/31(土)PM7:00~
 8/1(日)PM1:00~/5:00

 全3ステージ
 開場は開演の30分前

【料金】
予約・当日 1500円

【会場】 
プロトシアター
http://homepage2.nifty.com/proto-theater/
JR/地下鉄東西線/西武新宿線「高田馬場駅」から徒歩15分
西武新宿線「下落合駅」から徒歩7分

↓PDFの地図
http://homepage2.nifty.com/proto-theater/09protoaccess.pdf.pdf

いずこへ?

逃走

運営に耐えかね、逃走します

……ではなく、チラシの一部。


今回のタイトル「ブランク 短編集」にちなんで、

ニット君の場所もブランク。

良縁

良縁ありまして、
キャスティング進行中。

ニットイット第5回公演
『ブランク 短編集』

こじんまりと。

7月末、というか、8月頭、というか、
土日3ステージだけ公演をすることになりました。
こじんまりとした、身の丈サイズで。

短編集公演です。

ようするにオムニバスです。

ただ、オムニバスと書くと前回公演の感じをイメージされそうなので、
短編集と名乗ることにしました。
一本一本、順々にやるだけです。

…そんな説明、ふつうは要らないだろうに(笑)

反射

あいかわらず、
ちょこちょこ、ワークショップを。

テーマは、「反射」です。

ワークショップ(1)

ひさびさ、ワークショップをしました。

いや、プレ稽古でないという意味では、初めてですね。


ババ抜きしたりお茶飲んだり驚いたりしました。

今までとはちょっと違ったものを求めていて、
短い感情の再現をしたわけですが、

成果はまだまだ分かりません。


形になるかどうかも未定で五里夢中。

あまり即効性を期待せず、
どーかひとつ長い目で…。

言葉

「いいものを作ろうとするとブレるんです、何がいいかわからなくなって。でも、好きなことをやろうとすると何が好きか自分ではっきり分かるから、ブレないんです」
甲本ヒロト

うさぎは道でひと眠り。

いろいろと模索していたのですが、
時間など諸般の事情で、
今年は公演を行わないことになりました。

これだけ期間があくと、
ふつうなら休止状態ですね。

故事(?)にならって
カメにも抜かれる感じで参りたいと思います。

NO NAME

やれるかどうかは未定ですが、

短編の初稿があがりました。

アメリカの格言だそうで。

If you have to go fast, go alone.
速く行くなら、一人で。

If you have to go farther, go together.
遠くに行くなら、一緒に。

緊張と弛緩。

緊張と弛緩。

興味がなくても、それだけあれば、まあ。

意図によらず。

どんな表現であれ、

何かを傷つけることと無縁ではない。

可能性

知っているからといって、

できるわけではない。

移行、もしくは平行

「共感」から「観察」へ。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright ©    ウサギは淋しくても死にません。 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。